あごニキビの3大ケア方法

ニキビ あご

他の場所とは原因が異なることもありますが、まずは洗顔とスキンケアを見直そう

ニキビがあごに出来る原因は、他とはまた違う

同じ大人ニキビでも、あごにできる原因は、大人ニキビ 原因の3大要素に加え、次の2つが考えられます。
その2つというのは、

虫歯内臓疾患です。

おそらく、内臓疾患からがあごにニキビが集中するというのは、新陳代謝の悪化を連想させるので、容易に想像がつくので他の場所に出来るのと何が違うの?と思ってしまいますが、虫歯が原因でニキビあごに出来るなんて!と思った方も少なくないのではないでしょうか。

では、改めて、大人ニキビがあごにできる、
またはあごが儀って繰り返してしまう、あごに集中して出来てしまうその原因と種類を確認しましょう。

  1. 新陳代謝(ターンオーバー)の低下
  2. ストレスにより、あごに集中する
  3. 誤ったスキンケアによる、悪化する
  4. 虫歯が原因
  5. 内臓疾患、全長は手足の冷えが原因
  6. 便秘

虫歯はお医者さんへ、まずは洗顔からニキビケア

あごニキビには、虫歯との因果関係があるとお話ししましたが、虫歯はお医者さんで治療してもらいましょう。そうは言っても虫歯が原因だと、その治療が終わってからニキビが治るのを待つわけには行きませんし、その間のケアが無駄になるということはありません。

洗顔方法を見直し治療と並行してあごニキビの解消に努めるのが賢明です。

洗顔の際、どうしてもおでことあごに関して言えば、他の箇所と違い「堅い」と思ってしまいますので、ガシガシやりがちになってしまいますよね。
これでは、必要以上に油分を削り取ってしまい、また刺激に肌がやられて炎症を起こし、繰り返してしまいますので、優しくクルクルと円を描くようにマッサージしながら洗って上げてください。

洗顔剤やその後に使うローションにも工夫すると、お肌に直接栄養を与えることが出来ますので、新陳代謝も上がりニキビのケアをしながら再発しにくいお肌を育てていくことが出来ます。

改善の洗顔手順

もっと詳しく読む

その他のあごニキビ対策

あご以外場所でも、繰り返してしまうといった場合は、基本的な原因を解消する治療を行なうことをおすすめします。また、あごにだけひどく、繰り返してしまうという方は、虫歯以外に親知らずの放置や歯周病予備軍である可能性も考えられますので、一度歯医者さんに診てもらうことをおすすめします。

また、特に女性の方の場合であごに集中するという方は、冷え性ということはないでしょうか。

足などの末端が冷え、内臓疾患を引き起こしていたり、便秘が原因であごニキビが治らないという方も少なくありません。手足を温めることを気にかけたら、お肌もツルツルになったという方や、便秘を解消出来た時期とニキビや肌荒れが気にならなくなったという時期ががとても近いという方もいらっしゃいます。

大人ニキビ,特に「 あご 」に関する原因は多岐にわたりますので、出来ることから始めてみて根本治癒を目指してください。

「想い、想われ、ふり、ふられ」なんてロマンチックになって、あごと同時に左頬にニキビができないように気を付けてください(^^;)

原因はよくわからないけど、あごのニキビをとにかくなんとかしたい!という方へ

これまでの傾向を見ていくと、様々な原因が複雑に絡み合って、大人ニキビが出来てしまっているという方も少なくなく、原因を特定してケアすることはとても有効ですが、その原因の特定がなかなか出来ないという方もたくさんいらっしゃいます。

そう言ったお悩みを抱えられている方に、これまでアドバイスさせて頂いた2つのまず、試して頂く方法というのが次の2つです。

つ目は、便秘の解消です。便秘解消と肌荒れやニキビとの関係はこれまでにも様々言われてきました。しかし、ヨーグルトを食べても乳酸菌を食べても、一時的に便秘が治まったとしても、また繰り返してしまったり宿便が貯まって、ニキビ解消には至って居ないと言うことが多々ありました。そんな中、私も、私の家族(子供の便秘)も愛用するまでになった便秘解消の方法を見つけました。(現在、コンテンツの作成中ですのでしばらくお待ちください)

つ目が、洗顔です。
洗顔方法に関してはこのサイト内でも特設ページに限らず繰り返しお伝えしておりますが、ビタミン誘導体を含む化粧水などと合わせ、洗顔からスキンケアまでを「水分補給と栄養補給」を意識して行なうことでツルツルお肌を復活させる方がたくさんいらっしゃいます。

 

もっと詳しく読む