日焼け止め選びは妥協なく!

日焼け止め選び

私は京都の20歳女性、美咲です。大学生で、肌質は混合肌。

そんな私の日焼け止めクリームを選ぶときのこだわりはボディクリームで落とせるものを選ぶこと。

日焼け止めは塗っておかないと将来シミになるし、だけど強いものは逆に肌荒れに繋がったりします。

去に一度失敗したのは、日焼け止めクリームによる肌荒れでした。その時に使っていたのはクレンジング剤を使って丁寧に落とさなければならない商品だったのですが、ああいうのってかなり丁寧に洗わないと落ち切らないんですよね。

私は肌の負担を考えて洗顔の際もあまり肌を擦りません。

同じように、あまり擦りすぎると肌によくないと思った私はたくさんのクレンジング剤で日焼け止めクリームを落とすようにしていたのですが、どうやら落ち切っていなかったようです。

ニキビがかなりできるようになって肌が荒れてくすんだようになりました。

そこで新しく、ボディクリームでも落とせるものを購入することにしたのです。

ボディクリームで落ちるということは洗顔でもクレンジング剤でも無理なく落とせるんです。

成分自体もあまりきついものがないので肌への負担そのものもかなり少ないように感じます。

日焼けしなければいいという考え方ではいけません。

自分の肌のことを考えて妥協しない日焼け止めを選ぶには、塗っている間も落とすときも肌への負担を最小限にできるものを選ぶべきです。

ボディクリームで落とせるからと言って効果が弱くなったりするわけではないのでそのあたりも心配はないですよ。

日焼け止め選びは妥協なく!