乾燥肌、生理ニキビにも悩むアラフォー女子の日焼け止め選び

肌に優しい日焼け止め

東京都在住、39才会社員のみきです。

肌質は乾燥肌ですが、食生活や女性周期の影響でニキビもでやすい肌質です。

最近はくすみも気になっているので、日焼け止めクリームはオールシーズン欠かせません。

日焼け止めでの失敗談は、「SPFの高いすぎるもの」と「油分が多くてべたつくもの」を選んでしまったことです。

SPFが高いものはやはり安心感があるのですが、どうしても肌が負けます。

1週間くらい使ったところで、鏡をみてびっくりしました。

肌のエイジングが一気に進んでしまう感じです。

また、で、肌へは優しいはずなのですが、ニキビはできるし、メイクはうまくできないしで困りました。

ファンデーションと重ねることを考えて、今はシーンにあったSPFの日焼け止めクリームを選ぶようにしています。

紫外線の強い5月から夏にかけても、顔に塗る日焼止めはSPF15程度。

肌への負担が少なく、さらっと仕上がることが優先です。

ウォータープルーフにも普段はこだわらず、アウトドアやリゾートにでかける時のみウォータープルーフでSPF高めのものを選びます

肌に優しい日焼け止めは、たいていが紫外線散乱剤使用なので、白浮きは気になるところですが、薄く伸ばすことで対応できればokとしています。

使っているうちに肌に合わなくなってきた時に対処できるよう、小さめの容量のものを買うようにもしています。特にSPF値が高いものは1シーズンで使い切ることを考えて購入します。

乾燥肌、生理ニキビにも悩むアラフォー女子の日焼け止め選び